悲しみを抱えている時にほど

悩み

久しぶりのブログ 無事にヨガインストラクター養成コースが 修了したので その内容や その後 高野山の宿坊でのお勤め ヨガクラスの11月の予定や さらに今後のこと 諸々書きたいのですが 久しぶりに 時事ネタ といいますか 色んなことが ホントにおきますね 突然 予期せぬことは起きるもの と 知ってはいても 心が揺さぶられます そんな揺らぎはあって 当たり前だと ちゃんと自分の中に 心の安定 戻る位置があることを知っていると その揺らぎに 巻き込まれません でもね・・・ これだけは 言わせてください!!!! 推しが元気に戻るまで アタシは チョコレート一切食べません 大好きなチョコレート断ち!!!!!! 元気にテレビに戻ってくるまで 待ちます と ここで宣言いたします


ホント 色んな出来事は置きます その中で 感じ方は人それぞれです それでいいんです でも 確実に 同じ事象でも 喜ぶ人 何も感じない人 悲しみを抱く人もいます これね 悲しみ 我慢せずに 自分の悲しみをちゃんと受け入れましょう ショックは ショックとして 感じていいし 涙を流してもいいんです

泣くことに年齢制限なんてありません だから ちゃんと

今感じている自分の感情は 亡き者にせず 受けいれる ひとしきり泣くと ふと落ち着く場所に戻ります 戻らないなら まだ泣き足りないのかもしれません 歯を食いしばっているのかもしれません 悲しみを受け入れましょう そして その先 ちょっと落ち着ついてみると

周囲にも色んな人がいることに気づきます どんな理由であれ 悲しみを感じるのは当たり前なのに その悲しみに寄り添うのではなく 私たちの場合は 私の推しは と 傷に塩を塗るように マウントをしかけてくる人 わかるーーーーー いっしょいっしょと 一見共感と見せかけ 私もねと 自分のことばかり話だし 傷を踏みつけていくだけの人 これね こういう時こそ 見えてくるものがあり 苦しい人間関係から 離れるチャンスだったりするんですよね 悲しみを感じている人に どう接するのか 実は 傷をえぐっていくような人は 普段から マウントや自分のことばかりで 常に ジャブを打たれていたんですよね それを 元気な時は ヨケルことや 多少の我慢もできるもの こうやって 相手が完全に弱っている時にも そんなジャブを出し続ける人は これから先も永遠に 自己中心的な話で きっと私を召使のように扱うでしょう 常に上から目線で マウントをとり続けてくるでしょう だから これ幸いと さようならするチャンスだったりもするんですよね そんなことしたら 友達がいなくなる なんて 心配はいりません そもそも そんな方は友人でもなんでもありませんし ジャブを打つ弱い他の相手を ちゃんとみつけます そう 私はサンドバックでもなんでもない 人間です だから そんな人からは そっと離れ 自分を大切にしましょう それとは逆に 特に何を言うでもなく 寄り添う 何事もなかったかのように 接してくれる そっと手を差し伸べてくれる そんな方も必ずいます これには 感謝しかないし 私もそのような人になりたいと 精進していこうと 前が向けます だから 悲しみも 感じないように 我慢せずにしっかり受け入れ 軽やかに生きる きっかけにしていきましょう がんばろう!中居ヅラ!





1 view0 comments

Recent Posts

See All