• soma

50過ぎたら選択と集中 だからヨガ

暑いです


もうね ホントこの時期にまさかの ビオレひんやりタオルのお世話になるとは 思ってもいませんでした(笑) 心も体も燃える熱い女 ヨガ講師野中です 『女性はね 40歳超えたあたりから 人それぞれ時期は違うけど 今までできていた仕事が出来なくなったり ミスが多くなったりするのね それは更年期で ホルモンバランスの崩れから

体調だったり 集中力だったり 本人が一番びっくりするくらい 能力の衰え 体調の崩れからの心の歪み 自分の力では どうしようもない変化から そうなることがあるの だから、 女性同士 フォローしあっていこうね』 と

大昔 若かりし頃に そんなやさしさをお話くださった先輩がいました 当時 そう言えば 母親も それくらいの年齢の時 こそこそ病院へ通って体調悪いの隠していた時期があったな で 問いただすと 更年期・・・と 何とも言えない顔で答えてくれたなあ そっか そっか 女性の身体は繊細よね なんて 他人事のように とらえていたのが ついこの間だったように感じます そんな 私が 今まさに 更年期 いや ただいま閉経ど真ん中を歩んでいます ホットフラッシュはありませんが 常に真綿のサウナスーツを着ているような 首の後ろがスマホより熱を帯びているような そんな状態でこの数年猛暑を乗り越えています いつの間にやら半袖は長袖にしか思えず 二の腕ですが何か と言わんばかりのノースリーブ派に生まれ変わりました そして ここのところの 仕事のミス多発事態 自分でもドン引きです できることが出来なくなっている 集中力がない 決めつけ 思いこみ そんな時に 思いだしたのが やさしい先輩のお話だったんです 自分の力では どうしようもない変化から そうなることがある この言葉が お守りになっています みんな通る道 もちろん 全然更年期ダイジョブだったよ という方も多数いらっしゃるので みんな通るは大袈裟かもしれませんが 少なくとも ホルモンバランスの変化で そう感じている人間はここに一人いることは確かです なので もし 更年期・閉経で苦しんいる方が いらっしゃったら 一人じゃないよと お伝えしたいんです じゃあどうしたらのいいの? と聞かれたら 仕方ない 何もやらない と放置はおすすめしません かと言って 何が何でも 負けない と立ち向かいもしなくていいと思います もちろん ヨガは治療ではないので ヨガをしようとも言いませんが

しっかり婦人科にお世話になりつつ ヨガをすることで 心が少しだけ 晴れることがあります それは ヨガを行うことで 今の嘘偽りない自分と向き合えることができるからです

今まで 私達は あれもこれもと 手に入れることができるなら 手に入れようと 必死になっていました そして 掴んだならば ぎっちりと手を握りしめ 絶対に離すもんかと眉間に皺を立て 色んなものを持ち抱えていたし それが当たり前 それがステータス それが私と 多くの友人 多くのお客様 多くのいいね 多くのフォロアー 多くのブランド品 多くの脂肪 結局 その離さないように踏ん張っていた力こそが 自分だと 勘違いしていたよう思うんですよ そんな勘違いを 年齢を重ねて 手放す時期が更年期・閉経 どんどん抱え込んで 拡大をしていく体力は確かにあった でも それが私ではない


できることもあればできないこともある

それが私であり


なんでも多いが良いわけでもなく

今の自分にできることを大切に粛々と行う

それでいい


もう握りしめていた不要なものは

しっかり選択して手放しいく勇気


残りの人生

自分に必要なものだけに集中して楽しんでいく


そんなスタンスに切り替わる時期が

更年期・閉経なのかもしれません


だって

先はまだまだ長いじゃないですか


閉経からの

第二の人生

ナニを選んでナニを手放し

ナニに集中するか


周囲の目や

他人のいいね

お得か損かという判断ではなくて

心から

魂から欲している

これからのラストスパートに必要な選択を決める一人会議が

ヨガなんです



だから

別段

身体が硬かろうがいいんですよ

だって

ヨガのポーズをできるようになろうとか

キレイになろうとか

そーいう目的じゃないんですもん

選択と集中の為の

ヨガにトライしてみましょうよ


今回ヨガに参加された理由はなんですかと

聞かれたら


『人生100年時代

残りの人生の選択と集中の為』


と答えてもいいと思うんです


ぜひヨガご一緒しましょう

ビオレひんやりタオルを首に巻いて

お待ちしています(^_-)-☆




追伸 欲しきゃ持ってきな もうアタイには必要ないから(-。-)y-゜゜゜


0 views0 comments